■ 都道府県別BELS事例一覧 - 神奈川県 - 事務所等
閲覧を希望する用途について、下記のタブをクリックしてください。
各事例については、BELSの★算定時に用いられた用途ごとに掲載されております。
なお、複合建築物、複数用途建築物の場合は、床面積に占める割合が最も大きい用途について掲載しています。
事務所等ホテル等病院等百貨店等学校等飲食店等集会所等工場等一戸建ての住宅共同住宅等すべて
<11件中1~11件目を表示しています。>
★★★★★
事務所等
物件名峰光電子(株) 本社ビル 申請者峰光電子株式会社
設計者大和ハウス工業株式会社 横浜支社 建築一級建築士事務所 椎名 淳施工者大和ハウス工業株式会社 横浜支社 常務執行役員支社長  山﨑孝平
評価年月日2018/01/19竣工年月日2017/12/22申請の範囲建物BEI0.34
外皮適合適合評価手法通常の計算法(標準入力法・主要室入力法)(平成28年基準)特記事項ZEB Ready
アピールポイント
★★★★★
事務所等
物件名松匠創美オフィス 申請者有限会社 松匠創美
設計者有限会社 松匠創美 一級建築士事務所施工者有限会社 松匠創美
評価年月日2017/11/10竣工年月日平成29年10月23日申請の範囲建物BEI0.36
外皮適合適合評価手法モデル建物法(平成28年基準)特記事項ZEB Ready
アピールポイント100年住み継ぐ家づくりを目指し、設計から施工までを一貫して行なっています。
長期優良住宅に対応、それに準じたリフォーム工事も行なっています。
ショールームとして機能するような家づくりと同等の仕様で建てた自社オフィスです。
★★★★★
事務所等
物件名東急建設技術研究所 管理研究・音響実験棟 申請者東急建設株式会社
設計者東急建設株式会社 一級建築士事務所施工者東急建設株式会社
評価年月日2017/10/13竣工年月日1992年4月申請の範囲建物BEI0.40
外皮適合適合評価手法その他特記事項ZEB Ready
アピールポイント本物件は築25年の5階建てRC造事務所で、下記の環境技術を採用しZEB改修を行った。
・BEMS運用を通じて得られたエネルギー管理実績を検証し、空調システムと制御方法を最適化
・外壁の外断熱、窓の複層化、カーテンウォールのダブルスキン化により断熱性能を向上
・太陽光、太陽熱、地中熱など再生可能エネルギーを積極的に利用
・今後の水素社会を見据えた水素燃料電池を導入し、太陽光発電と連携してカーボンフリーを実現
★★★★★
事務所等
物件名河西工業株式会社 技術新棟 申請者河西工業株式会社
設計者大和ハウス工業株式会社 横浜支社施工者大和ハウス工業株式会社 横浜支社
評価年月日2017/04/03竣工年月日2017/6/30申請の範囲建物BEI0.41
外皮適合適合評価手法通常の計算法(標準入力法・主要室入力法)(平成25年基準)特記事項ZEB Ready
アピールポイント
★★★★
事務所等
物件名非公開申請者非公開
設計者非公開施工者非公開
評価年月日2018/02/07竣工年月日1991/01/31申請の範囲建物BEI0.69
外皮適合適合評価手法モデル建物法(平成28年基準)特記事項
アピールポイント
★★★★
事務所等
物件名東京ガス平沼ビル 申請者東京ガス株式会社、東京ガス都市開発株式会社
設計者株式会社松田平田設計施工者株式会社大林組東京本店
評価年月日2016/11/15竣工年月日2013/07申請の範囲建物BEI0.70
外皮適合適合評価手法通常の計算法(標準入力法・主要室入力法)(平成28年基準)特記事項なし
アピールポイント東京ガス平沼ビルは、省エネルギー性・機能維持性・耐震安全性・長寿命化等を考慮した「省エネ・環境配慮ビル」である。再生可能エネルギーと建物廃熱を利用した、温水・冷水ダブルカスケードシステムを採用したほか、自然エネルギーを積極的に取り込み、建物負荷を抑えた計画としている。更に、厨房での換気量制御システムや、エネルギーの見える化による省エネ意識働きかけなど、快適さと更なる省エネ・省CO2の両立を実現している。
★★★
事務所等
物件名日本生命本厚木ビル(全ての貸事務室) 申請者日本生命保険相互会社
設計者非公開施工者非公開
評価年月日2017/12/25竣工年月日昭和61年2月28日申請の範囲テナントBEI0.80
外皮適合評価手法通常の計算法(標準入力法・主要室入力法)(平成28年基準)特記事項
アピールポイント
★★★
事務所等
物件名橋本MNビル(4階~8階事務室) 申請者日本生命保険相互会社
設計者非公開施工者非公開
評価年月日2017/12/25竣工年月日1992年申請の範囲テナントBEI0.77
外皮適合評価手法通常の計算法(標準入力法・主要室入力法)(平成28年基準)特記事項
アピールポイント
★★★
事務所等
物件名新横浜東芝ビル研修B棟 申請者NREG東芝不動産株式会社
設計者オーク設備工業株式会社 東京支社施工者オーク設備工業株式会社 東京支社
評価年月日2017/12/21竣工年月日1988/10申請の範囲建物BEI0.78
外皮適合評価手法モデル建物法(平成28年基準)特記事項
アピールポイント
★★
事務所等
物件名非公開申請者非公開
設計者非公開施工者非公開
評価年月日2017/12/25竣工年月日昭和62年8月申請の範囲テナントBEI0.85
外皮適合評価手法通常の計算法(標準入力法・主要室入力法)(平成28年基準)特記事項
アピールポイント
★★
事務所等
物件名亀井工業ホールディングス 本社ビル 申請者代表取締役 亀井 信幸
設計者大澤 直軌施工者大澤 直軌
評価年月日2016/12/02竣工年月日1999年12月26日申請の範囲建物BEI0.87
外皮適合適合評価手法モデル建物法(平成28年基準)特記事項なし
アピールポイント省エネ性、環境性、持続性、費用対効果、空調は現状に適した負荷を考慮し設計。屋上は断熱+防火材で断熱。窓は現状サッシにすき間があり、気密維持できていないので、ペアガラスサッシと交換。又、サッシ交換が不必要窓は日射調整フィルム施工により建物を幅広く断熱。空調は現状のセントラル空調を空冷式個別空調に見直し、環境負荷の少ないGHPを採用。更に事務所系統は室外機を連結化することにより寿命化・省エネ化を図る。照明はLEDにて現状比67%省エネ。
戻る